信頼おける医師選びが大切|目の下のたるみは治療で改善|悩みも一緒に払拭

目の下のたるみは治療で改善|悩みも一緒に払拭

信頼おける医師選びが大切

注射

術後の注意点

ヒアルロン酸注射はダウンタイムが短く、痛みもほとんどない手軽に実施できるしわを取る方法です。しかし、絶対に注射針の跡が残らない訳ではありません。細かな赤い斑点が出たり、腫れが出ることもあります。ヒアルロン酸注射の前に麻酔を行った場合でも、施術後3時間程度で麻酔が切れると鈍痛がでることもあります。しかし、それでも整形手術によるしわ取りと比べると圧倒的に術後のダウンタイムや痛みが少ないことは間違いありません。また、ヒアルロン酸注射を行った夜は決してうつぶせで寝ないようにしてください。注射した後は、まだヒアルロン酸が皮膚の下に定着していません。うつぶせによって顔が圧迫されると変形してしまいます。同じように強くこするような洗顔やマッサージも控えるようにしてください。

注射時の痛み

ヒアルロン酸注射は痛みが少ないと言われていますが、麻酔を使わない場合は少なからず痛みを感じます。治療時の痛みが不安な人は、前もって麻酔を使ってもらえるかを医師に確認しておくようにしてください。ヒアルロン酸は代謝によって体に吸収されてしまいます。ヒアルロン酸自体が柔らかいものを使うと痛みを軽減することができますが、その分吸収が早くなり持続性が短くなってしまいます。ヒアルロン酸はもともと体内にある物質なので、吸収されても全く害はありません。しかし、吸収されてしまうとせっかくのしわ取り効果がなくなってしまうので、再施術を受ける必要があります。一般にヒアルロン酸注射の効果は半年程度とされています。半年に一度施術を受けることになるため、信頼できる医師選びが大切になってきます。

Copyright© 2016 目の下のたるみは治療で改善|悩みも一緒に払拭 All Rights Reserved.